速読 訓練

速読とは

 

速読は、漢字の通り、速く読むことを表します。通常の読み方ですと、一文字ずつをゆっくりとなぞって読み意味を理解するという読み方ですが、速読では、複数の文字を同時に認識したりすることで、通常の何倍もの速さで読むことができるようになります。読むだけでなく、同じ速さで理解することも出来るようになるため、脳のトレーニングとしても有効とされています。

 

 

訓練次第で本は速く読める

 

本を読む速さは、人によってまちまちです。小説1ページを30秒かけて読む人から、1ページを10分以上かけてゆっくり読む人など様々です。速読は、読むのが遅い人が速く読めるようにするための方法ではなく、誰もが想像を超えた速さで読めるような方法です。ですから、読むのが遅い人は驚く程速く読めるようになりますし、もともと速い人は、もっともっと速く読めるようになります。速読をマスターした人であれば、1ページを数秒で読んでしまうことも可能です。

 

文字を素早く読めるようになるという事には、沢山の利点があります。読書は、人が生活していく上で大切な行為です。本を通して、小説家の世界を想像の世界で感じたり、昔の偉人が何をしたかなどを知ったりすることができます。また、社会人であれば、沢山のビジネス本を読んだり、ノウハウ本を読んだりして、ビジネスライフに役立てるのも有効です。

 

学生であれば、教科書や課題図書を読まなければならない場面も沢山出てきますよね。これらの行為は全て読書というくくりであり、読書をすばやく済ませることが出来れば、今までの何倍もの時間が他の時間に使えるようになります。

 

また、同じ時間でも、今までの何倍もの知識を脳へと詰め込むことができます。人は誰しも同じ時間しか与えられませんから、これをなるべく有効に使うためには、速読はとてもありがたい方法です。

 

 

 

なお、もし速読ができるようになりたいと本気で思っているのであれば、園善博さんの速読法、速習がおすすめです。以前はフォトリーディングの講師をされていた方で、1万人以上の指導実績があり、今は独自の速読法「速習」を開発し、人々に教えています。

 

園善博の速習セミナー